低分子コラーゲン

コラーゲンを摂るなら錠剤タイプ?ドリンクタイプ?

コラーゲンを飲むなら錠剤タイプ?ドリンクタイプ?

コラーゲンは真皮層で表皮を支える成分なので、不足するとたるみやしわなどが引き起こされます。

 

また、ターンオーバーが正常に行われるためにも必要不可欠な成分ですが、残念ながら20歳ぐらいから加齢とともに合成量は減少してきます。

 

さらに紫外線などのダメージによって切断されたり破壊されてしまうので、不足するコラーゲンを補給していかないと実年齢に関係なく肌はどんどん老化してしまいます。

 

コラーゲンは、豚足や鶏の皮、豚バラや牛テール、フカヒレやうなぎなどに豊富に含まれています。他にも、ゼラチンで作られたゼリーや杏仁豆腐、プリンなどからも摂取することができます。

 

ただどの食材にしても、カロリーが高いので摂りすぎると栄養バランスが崩れますし、普通の料理には使われないものも多いため食材から摂取するのは難しいです。

 

その問題を解決してくれるのが、錠剤やドリンクタイプなど飲むコラーゲンです。

 

錠剤や飲むコラーゲンなら、カロリーを過剰摂取することなく、しかも手軽にコラーゲンを補給できます。

コラーゲンを補給するなら・・・

 

コラーゲンを補給するなら、錠剤タイプ・ドリンクタイプ、どちらがいいのでしょうか。

 

どちらの方が効率よく摂取できるかといえば、消化せず吸収されるドリンクタイプです。

 

ただ、ドリンクタイプは1本の値段が高いため、継続して続けるとなるとお財布に負担がかかります。

 

錠剤は即効性はないものの、コストがかからないので継続しやすいですし、続けることできちんとコラーゲンを摂取できます。

 

いずれにしても、コラーゲンはたまに摂れば良いのではなく、毎日摂取することが大切です。

 

私の場合は、毎日のコラーゲン補給には錠剤タイプのサプリメントで継続しながら、週に1〜2回ドリンクタイプのコラーゲンをはさむような使い方をしています。

 

毎日飲み続けることで肌の調子は本当によくなりましたよ。