低分子コラーゲン

コラーゲンは吸収率の高い低分子のものを選ぼう

コラーゲンは吸収率の高い低分子のものを選ぼう

低分子コラーゲン

コラーゲンの原料は、豚や馬、牛などの動物よりも、海洋性の魚の方が吸収率が高いと言われています。

 

その理由としては、魚の体温は8度前後ですが、人間の体温は36度前後とかなり高いので吸収がされやすいためです。

 

また、魚由来のコラーゲンはタンパク質の組織がアミノ酸に分解されやすいという性質があるため、動物由来のコラーゲンよりも吸収率が高いのですね。

 

また、更に吸収率をよくしたいのであれば分子にも注目する必要があります。コラーゲンについて調べていると、よく高分子コラーゲンや低分子コラーゲンというワードを目にしますが、この高分子や低分子はコラーゲンの吸収に大きく関わっているのです。

 

コラーゲンの分子は、直径が約1.5ナノメートル、長さが約300ナノメートルの細長い形をしていて、この細長い分子が3本絡まり合いロープのように螺旋状になりながら何個も結びついて働いているのです。

 

この分子の結びついている数が10000個以下なら低分子、それ以上なら高分子ということになります。

 

単純に考えても分かるように、高分子になると摂取しても吸収分解されるまでに時間がかかります。しかも高分子の数にもよりますが、例えば30万個の高分子だと分子が大きすぎるためほとんど消化吸収されないこともあり、逆に低分子になるほど素早く消化吸収されていきます。

 

コラーゲンの働きを得るためには、何よりもまず体内で消化吸収されなくてはいけません。ですから、コラーゲンは魚由来ということに加えて低分子のものを選ぶことが重要になってきます。

 

吸収しやすい低分子コラーゲンサプリなら?